スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PSO2】効率的バースト処理のためのテリバーマン指南書

(2013/7/23 アイテム回収に関する項目に加筆、操作に関する項目を追加)

 初めに、この記事は私個人の経験を文章にしたものであり、これが万人にベストなものとは限りません。このほうがいいかな、と思ったら随時書き換えますのでご了承ください。

 さらに効率厨的な思考に基づいていますので、そういうのが嫌いな方は読むことをおすすめしません。




 PSO2における、PSEバースト処理時に活躍する『ゾンディールして敵をまとめる人』通称・テリバーマンの指南書です。
 対象としては、

・効率的にバーストを処理したい
・出口バースト?定点バースト?常識でしょ
・結晶引いたらせっかくだからおいしく出口バーストしたい!

という方向けです。出口バースト、定点バーストについては軽くだけ触れますが、基本的にそれらを知っていて、かつ実践したことがある人を主に対象としています。
①そもそもテリバーマンとは

 そのためにはまず『定点バースト』ないし『出口バースト』を知っていなくてはなりません。簡単に言うと、全員が出口座標に固まり、一つ手前の座標の同一箇所にしか湧かなくなったエネミーを処理する、というバーストメソッドです。

 ここで解説し始めると長くなってどうしようもないので、私の所属するチームの長でもあり、Ship4タグでお馴染みのもじゃお氏のつぶやきを以って説明とさせていただきます。

http://togetter.com/li/369351

 知らなかった方は読みましたか? では本題に入ります。

 出口バーストは確かにエネミーを一箇所に集め、効率よく撃破数を稼ぐ手法ですが、エネミーの集まり具合にも限界はあります。そりゃあ12人いるんだし、そもそも散らばってしまうのも確かで、さらにアイテム回収しようものなら散り具合は推して知るべし。これではせっかくの定点湧きの効果が下がります。

 ではこのエネミーの散らばりをどうするのかというと、ゾンディールでまとめてしまうんですね。バースト中、ずっと敵をまとめ続けるプレイヤー……それを私はテリバーマンと呼んでいます。

 以下では、私がテリバーマンをするにあたって気をつけていることを適宜解説していきます。本当は画像つきだとわかりやすいんですが、そこまでのモチベーションはないので……。

②テリバーマンに必要なもの

・ゾンディール(起爆しないのでLv不問)
・テリトリーバースト(クールタイムの関係からLv10が望ましい。それ以下は⑤をよく読むこと)
・タリス(EXPブースト付きなどよりどりみどり)
・PPコンバート(あると嬉しい)

 これらを満たす職構成は、メインかサブにTe、となります。FoTe、TeFoが初心者向けなので、都合がよければまずはここから初めましょう。その二つ以外の職構成でも十分に可能であり、この指南書はむしろそっちを主眼としています。

 あとは他のPTメンバーにゾンディール起爆禁止の旨を周知することでしょうか。これは結晶参加メンバーを招集するときに責任者がやることだと思うので、テリバーマンはあんまり考えなくてもいいかもしれませんが。

③How to テリバーマン

 ここからは出口バーストに対する知識が必要になり、繰り返しますがそれを有していることを前提に話します。

 テリバーマンのやることは三つしかありません。

 1.肩越し視点でタリスを投げる
 2.ゾンディールを展開
 3.テリトリーバーストが切れたらすかさず再発動

 ただし、注意することがいっぱいあります。これらに気を配りいかに安定させるかがテリバーマンの腕の見せ所です。必要と思った項目を解説します。

 ⅰ)万が一起爆したら冷静に沈静化を待つ
 ⅱ)肩越し投擲バグに注意
 ⅲ)なるべくタリス一投につきゾンディール一発
 ⅳ)アディションの射程外になるべく敵を集めない
 ⅴ)プレイヤーの近くに敵を集めすぎない
 ⅵ)拡大レーダーマップでエネミーの動きを確認する
 ⅶ)自分のPP、テリトリーバーストの時間には常に気を配る
 ⅷ)テリトリーバーストの効果時間の不安定さに注意
 ⅸ)アイテム回収を捨てる

ⅱ)肩越し投擲バグに注意
 現在、肩越し視点だと何故かたまに弾が明後日の方向(主に右上)飛んでいってしまう、というバグが存在します。タリスも例外ではありません。よく注意してみると、中空にゾンディールが展開されるときがあるのはそれです。
 
 幸い鳥系以外にはさほど影響がないので安心しがちですが、バグっている間のエネミー集約率は落ちます。なのでⅲ)なるべくタリス一投につきゾンディール一発を意識し、おかしなところにタリスが飛んでも被害が最小で済むように心がけましょう。

 慣れると、ゾンディールを撃った瞬間のエネミーマーカーの動きでバグが起きているかどうか分かるようになります。


ⅳ)アディションの射程外になるべく敵を集めない
ⅴ)プレイヤーの近くに敵を集めすぎない

 これは説明するまでもないのですが、『じゃあ具体的にどこらへんに集めればいいの?』という声もよく聞きます。私は距離を『座標境界上~二、三歩、遠くてもHuのステップ』程度としてエネミーを集めています。この辺りはとても感覚によるので、試行錯誤してみてください。x軸は基本的にフィールド中央で大丈夫です。


ⅵ)拡大レーダーマップでエネミーの動きを確認する
ⅶ)自分のPP、テリトリーバーストの時間には常に気を配る

 テリバーマン中に気を配る要素です。普通フィールド上は全然見ません。何しろ爆風やらケートスの光やらで得られる情報が少ないからです。

 さて、自分のPPですが、ケートス回しによって無限に思えるPPを持てる定点バーストでも、FoTe,TeFo以外のテリバーマンは気を配らなくてはいけません。最重要です。ちなみにテリトリーバーストの時間を気にしてないのは論外です。

 Fo抜きの場合、チャージPPリバイバル不所持によるケートスの恩恵が受けづらいため、ⅲ)なるべくタリス一投につきゾンディール一発を順守しましょう。タリス一発投げてPPがなくなるまでゾンディール、はいけません。

 テリバーマンに要求されるのは、常にゾンディールを切らさないこと。これはすなわち、いつ何時でも最低一発、ゾンディールを撃てるPPを常に保持していなければならないことと同義です。

 基本はタリス一発ゾンディ一発、PPが少なめになってきたら、二発一発にしてケートスでの回復量を上げましょう。PPが少ない上にケートスも途切れている、というときは、PPコンバートがあると便利ですね。特にバースト開幕は誰もケートスが撃てない、なんて状況もあるので、持っておいて損はないです。

 万策尽きたらおとなしくタリスを投げて回復しましょう。前のゾンディールで集まったエネミーにヒットすれば多数ヒットするので多めにPPが稼げます。ちなみにマグのPP回復には頼らずとも大丈夫なはずです。

ⅷ)テリトリーバーストの効果時間の不安定さに注意
 サーバーの負荷のせいか、テリトリーバーストの効果時間が確認できただけでも最長二十秒ほど短縮されてしまう現象が存在します。テリトリーバーストが切れている時間=エネミーが集約しきらない時間なので、タリスの位置を調整してなんとかやり過ごすか、開き直ってアイテムを回収しながらゾンディールしましょう。

 正しいLv10のクールタイムは十秒なので、普段は一瞬範囲が狭いな、程度で済みます。


ⅸ)アイテム回収を捨てる
 テリバーマンに大切な精神がこれです。テリバゾンディを切らさず効率を常に最高に保つことが使命であり、アイテム上限を迎えて消えるアイテムを一つも生み出さない、ということは基本的に不可能です。PT全員の快適な結晶ライフを下支えする縁の下の力持ちだと思って、いかに多く経験値を稼ぐかだけを頭に置いてテリバーマンしましょう。


④テリバーマン上級者になる

 テリバーマンは慣れてしまうととても暇です。そこで、不慣れだった頃には不可能だったことがだんだんできるようになってきます。あくまでテリバーマンの基本を会得した者が行うもので、不慣れなままやろうとすると隊形が崩壊してしまう恐れもあるので、十分注意してください。


Ⅰ)はぐれエネミー拾い
 バースト中、アイテムを回収するプレイヤーがいると、定点から外れた位置にエネミーが湧くことがあります。これはアイテム回収を行う以上仕方のないことです。大抵そのはぐれエネミーは火力担当がひょい、と出て行って始末するのですが、元の定点位置からそう離れていない位置にはぐれていた場合、テリバーマンの一工夫で対処できます。

 といっても、やることは『タリスの投擲位置調整』だけです。はぐれを巻き込む位置にタリスを放つだけの単純なお仕事……でもありません。

 やってみると分かるんですが、混戦かつタリスで、となると思った以上に難しいものです。そもそもロッドで吸引するときも、「あっ、遠かった」となる人も多いでしょう。さらにバースト中は視界がとても悪いのでレーダーマップに頼らざるをえないため、慣れるまではやらないほうがいいでしょう。

 というのは、はぐれはあくまで『少数派』であって、『多数派』の他のエネミーをないがしろにしてはいけないからです。躍起になってはぐれを吸おうとして、定点をめちゃくちゃな位置に動かしたら本末転倒です。

 多数派に影響が出ないようにするためには、『定点にゾンディールを張った次のタリス投擲でのゾンディール一発』で成功させなければいけません。これを精度よく決められるようになると、仲間から羨望の眼差しが送られる……かもしれません。

(※無論、テクい以外にもきちんと理由はあって、はぐれを放置しているとその一匹分約8.3%がずっと『食われたまま』なるため、必ず処理が必要になります。これを、バースト中暇なテリバーマンが行えれば効率的だ、というお話)

 ただ、遠すぎるエネミーまで拾おうとすると、定点がズレてしまって処理が困難になる場合があるので、そういうはぐれは素直に気が利く火力さんに任せましょう。私幼女だけど、どっか行っちゃいそうなエネミーを自発的に処理してくれる火力役の男の人って好き。

 はぐれを綺麗に拾うコツは、ゾンディールが円形フィールドであるのを利用することです。


Ⅱ)アイテム回収

 テリバーマンがアイテム回収を捨てる、というのは前述したとおり。この基本理念は変わりません。

 しかし、テリバーマンだってレアが欲しいしグラインダーも欲しいしタルラッピーキャノンも……いらないや。

 ともかく、アイテム回収をなんとかできないか、と考えるようになります。私がテリバーマンをし続けて自分なりの最適解を見つけました。無論、アイテム回収を行えば、テリバーマン分のエネミーが散らばるので撃破効率は下がってしまう、ということだけは述べておきます。

 テリバーマンがアイテム回収する最適なタイミングは、ズバリ『テリトリーバースト再発動時』です。さらに前提として『PPコンバートを取得している』ことが条件です。

 ステップは、

 テリトリーバースト切れ時にPPを高めに確保→
 テリトリーバースト再発動→
 タリス投擲(この時点でPPMAXがベスト)→
 ゾンディールチャージしながらアイテム回収開始→
 PPが尽きるまでゾンディール連発しながら回収→
 切れたらコンバート→
 コンバートが切れるか回収に満足したら戻る

 というもの。これはテリトリーバーストとPPコンバートがともにリキャスト120秒であることを利用したものです。一定間隔で行えるのはとてもいいことですね。

 ただその120秒サイクルにも当然デメリットがあり、装備をライズ一式にしようものならあっという間にアイテムが消えてしまいます。――が、そこまでアイテムが欲しいなら最初からテリバーマンを代われ、というのが持論ですので、これくらいの差異で四の五の言わないように。

 テリバーマンしながらライズもつけて、どうしてもレアが欲しいなら、集団のちょっと前に陣取り、耳を澄ませましょう。

(2013/7/23追記
 EP2アップデートと同時に、「レアドロップ時にキャラ上部にお知らせが出る」という機能が追加されました。同時に、レアドロップ音が距離により減衰しなくなり、寝落ちしかけていない限りレアを見逃すということはなくなりました。

 はい、そうですね。今までのアイテムを諦める、的な論調はほぼ無意味と化しました。レアが出たらさくっと拾いに行きましょう。

 しかし、レア以外にほしいもの(例えばグラインダーやディスク)は相変わらず完全なカバーが不可能なままです。もし欲しいなら、上記のとおりにしましょう。


Ⅲ)キリングボーナス利用者への心配り

 現状、バースト中は火力が過剰なので、頭の片隅に入れる程度で構いません。今後、難易度が解放され、硬い敵をバースト処理しなければならないときにこの話は本領を発揮すると思います。(あと法撃耐性とか来たらね)

 ラフォイエ、アディション、クラスターがバースト中の火力選択肢であることはもじゃお氏が述べているとおりです。これは二番目に有用なアディションを利用するときのお話です。

 Raのスキル・キリングボーナスを活用すると、ケートスをもらうのに通常射撃を挟まなくてはならないアディションマンが、水を得た魚のようにアディションで浮き続けます。攻撃動作中でもキリングの回復が適用され、撃ち放題になるからですね。これは当然DPSの向上にも繋がります。

 一方でキリングの効果範囲はダイブロール程度、という短いもの。それを意図的に得ようとすると、アディションマンは前に行きがちですが、それによって奥にエネミーが湧いたりしたら本末転倒です。

 そこでテリバーマンがエネミー位置を若干手前側に寄せることで、キリングの恩恵を受けやすくなり、火力の向上が見込めます。ただ、常に手前側に寄せていると、奥に湧いたエネミーを吸えなくなるので、たまに、程度に収めましょう。

Ⅳ)パッド利用者へ(2013/7/23加筆)

 これはテリバーマンに限らないのですが、パッドを利用している方で、たまにスティックが勝手に反応して視界が動いてしまうことがありませんか?

 わ た し で す ^ q ^

 EP2アップデートによって海岸が追加されましたが、そこでバーストするとフグとソーサラーという高低差の激しいエネミーを相手にしなければなりません。

 今までもクラーダとブリアーダ、という組み合わせがありましたが、さほど出会わないので問題ありませんでした。しかしソーサラーは吸い込まずに放っておくと、わりと被害が出かねないので(主に大魔法)きっちり相手にしたいところです。そのために微調整した視点がずれた!となったらいらいらしますよね?

 というわけなので、これは単に私のオススメというだけなのですが、パッド勢の方もテリバーマン中はマウスで操作してみたらいかがでしょうか。これならスティックによるブレもありませんし、操作も左クリックと右クリックを交互に繰り返すだけなので簡単です。

⑤ダブルテリバーマン

 出口座標が横に広かったり、アイテムがおいしい場所では敵が広がりがちです。テリトリーバーストでも対応出来ない場合、テリバーマンを二人用意することで対処が可能です。また、不慣れな人がテリバーマンをする場合は助けあう的な意味で二人用意するのもいいでしょう。

 この場合、きちんと吸う敵を分担しておくと効果的です。ふたりとも定点にタリスを投げていたら意味がありませんからね。

 また、テリトリーバーストLv10のテリバーマンが確保できなかった場合は、クールタイムをいたずらに伸ばすのも馬鹿らしいので、はじめからテリバーマンを二人用意しましょう。きちんと息を合わせればクールタイムをお互いに補完することが可能です。

 火力過多の現状、安定化のためにはじめから二人用意するのも十分選択肢の内です。が、その分アイテムを拾えずに悲しみを背負う人が増えるので、そのあたりはよく考えましょう。


⑥おわりに

 結晶出口バーストという(結晶が引ければ)もっとも効率のよい稼ぎの裏には、テリバーマンという一人の役者がいるということを忘れないでください。理想的には、すべてのプレイヤーがテリバーマンを行えるようになり、持ち回りで「あっ、今回俺テリバーマンするよ」となる環境がベストです。

 各々欲しいものに合わせたよい結晶ライフ、テリバーマンを満喫できることを祈っております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。